使用したことのない人はまだ多いですが、媚薬と言われるものははるか昔からあります。ですがその中には科学的根拠のないものも含まれている場合も多々あります。媚薬の歴史や真贋についていろいろ案内してきたいと思います。

媚薬の混合服用と体験について

女性用の媚薬は性欲減退や性欲不振に効果を発揮するとされており、体験してみたいという人も多いでしょう。
しかし、日本ではあまり製造されていないため、海外の製品を購入して使っている人も多いです。
アメリカや中国、インドなどの商品が人気となっているのですが、これらの商品を入手するためには個人輸入を利用する必要があります。
薬局やドラッグストアなどでは海外製の媚薬が販売されていなため、インターネットを利用することになるでしょう。
医薬品なら1か月分、サプリメントなら2か月分まで個人輸入が認められており、条件をきちんと守れば違法にはなりません。
しかし、個人輸入を扱っているサイトといってもいろいろありますし、 中には偽物を販売している悪質な業者なども存在しているため、信頼できる業者かどうかをしっかり確認することが大切です。
インターネットの検索で見つかる媚薬のほとんどが偽物とされており、ED治療薬に使われる成分が含まれていることもあるため、副作用が起きてしまう心配もあるのです。
そこで業者を選ぶ際には多くの実績があり、クレジット会社のカードが使用できることを確認しましょう。
媚薬を使うことで性行為に積極的になれるということですが、使い方には注意が必要です。
女性用の媚薬は男性用の精力剤とは異なり、性行為の前に服用することで効果が出やすくなっているものが多いです。
男性用の精力剤よりも比較的使いやすいということですが、アルコールと併用できるかどうかをチェックしておきましょう。
ほとんどの媚薬はアルコールとの併用が不可となっており、効果がほとんど無くなってしまうということです。
また、他の商品と混合服用すると効果が強くなりすぎてしまうこともあるので注意しましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索